問題文をしっかり読んでいない!


 こんにちは。家庭教師の青野智美 です。


「計算はある程度できますが、算数の文章題が苦手で困っています。」体験授業を頼まれるお子さんのなかでとても多いです。いくつかの原因が考えられますが、文章を読むのがとても苦手で、文章をきちんと読んでいないというお子さんがとても多いです。飛ばし読みをしたり、最後に聞かれていることをしっかり読みこめていなかったり・・。


 見当はずれの立式をするので、「もう一度問題文を読んでみて。」と言って、読み返してもらいますが、「やはりこれでいいと思う。」と言います。おかしいなあと思って、「問題文を音読してみて!」と音読させた瞬間、「あっ、わかった!」と言い、すぐに立式を直せました。読んだつもりが読んでいなかったのです。


何てもったいないことでしょう。国語で音読や黙読をしっかり学んだはずなのに、このような「おおざっぱ読み」の癖がついているお子さんは結構います。飛ばし読みする癖がありそうなお子さんは、間違いが少なくなるまで、自分で問題を音読してから解くことを促してみましょう。